一般道の効率的な走行法

一般道を走行する場合、片側1車線しかない道路の場合は、ただひたすら前の車に続いて走行するのみです。
何とか、前を法定速度から安い速度でタラタラ滑る車がいて邪魔だと思っても、その車がいなくなるか、自分が何処かで右左折するまでは、とことん辛抱するしかありません。

但し、片側2車線の道路になると、車線の選択肢が生まれるので、効率よく目的地に到着する工夫が可能になります。
走行車線に鈍い車がいたり、交差点で左折する為に減速していらっしゃる車がいれば、車線変更して追い越しをする事が出来ます。
折角2車線あるのですから、有効に使わない手はありません。

ただし、原則として右側の車線は追い越し車線ですから、追い越し後もこういう車線を走行積み重ねるといった、厳密には道交法違反となります。
ただ、都心など交通量の多いところでは、そういった原則論にこだわるのも辛くなり、追い越し車線にも多数の車が走行し続けているケースがよく見られます。

又、東京大都市などは路上駐車がたくさん、どうにか片側2車線あっても左の車線は路駐だらけで、とっても駆け回り難いケースが多いものです。
車線変更を頻繁に増やすと、くたびれる上に接触するリスクも高くなってしまいますから、車線の選択は常に臨機応変に対応したほうが己を続ける事にも繋がります。

又、都心やバイパスなどには片側3車線以上の道路もありますが、大抵の場合、中央の車線が一番車の量が多いものです。
右折や左折にいつでも対応する為にはとりわけ無難な車線の選択になるので、それはそれで酷くありません。

ただ、一番左の車線がガラガラに空いていて、かつ路上駐車が多くない場合は、その車線を使わないのも悔しい話です。
状況に応じて、なるべく安全かつ早く目的地に羽織るよう、工夫をする事が必要ではないでしょうか。セダン 人気

ヘッドライトを通してしまいました

最近、夜に車に乗ることが少なかったのですが、先日実家に帰たところ帰りが遅くなってしまい、夜に舞い戻ることになったことがありました。
車のエンジンをかけて、ライトを点灯させて親という甘く話をしていると、ポジション球が切れているのを発見しました。
次の休日に、予備の電球はないかなと見なし探したところ、バイクのウインカー用の電球を発見しました。
元々のポジション球は5Wだったのですが、ウインカー用は10Wでした。ちょいかわいいけどいいかと憧れ直ぐに自分で交換しようとしたところ、私の車はバンパーを外さないといったライトの裏側にアクセスできない構造になっていました。
インターネットで外し方を見て、2時間ほどかけて電球を交換することができました。点灯もOKです。やっぱりいくぶん明るい感じでした。
これで安心と思い、普通に何度か乗っていたのですが、ある時ヘッドライトがなにかおかしいことに気付きました。
ポジション球の外側のカバーが熱で溶けておるではありませんか。5Wから10Wに変えたため熱量がのぼりすぎたのでしょう。
到底こんなことになるとは思ってもみませんでした。電球を買いに行く手間を省いたために大仕事になりそうです。
泣く泣くオークションでヘッドライトを探してある。コンパクトカー

仮に、初々しい車を買うとしたら何色がよろしいだろう

最近、必ずや色々な色の車が出回る様になりましたね。
あれもこれも、素晴らしい色ばかりで、現に初々しい車を買うとしたならば、決めるのに時間がかかってしまうのではないかとさえ思ってしまう。
最近、私は神社に行き資格試験において祈願しました。無事に勉強を貫ける事や、敢然と試験をやれるようにという願い、
きれいな空色の紙に願い事を書き納めさせていただいたのです。
そうして、それとおんなじ空色のお守りがありましたので、一つ身にきる事にしました。そうして資格試験に挑んだのですが、ほんとに出来は上々でした。
それ以来、何だかきれいな澄んだ空色が気になっているのです。
もし今度、新しく車を買うとしたらば、それにほど近い空色の車を購入してみるのもいいかなと密かに考えていたり決める。
必至の思いで祈願した場合書いた紙と同じ空色の車を運転したならば、たいてい毎日がハッピーに暮らしてゆけるような、そういった気がしていらっしゃる。
そんな自分をイメージしながらあれこれと初々しい車の購入において、想像している所です。
季節は何となく秋となりました。気が付くとあの祈願をした日から、空の色が相当今まで以上に良く、見分ける回数が増えました。
そんな思いを車の色にも託せたら素敵な日常になるような気がして、想像するだけでも今、多少幸せな気分になったりもしている。軽自動車 人気 ランキング

私の車選び

私は車には100万円以上はかけないという考え方を持っていました。
そのため5年ほど乗ったユーズドカーを買い、5年ほど乗って、またユーズドカーを買って、5年ほど乗っかる。
これの繰り返しできました。
私はタバコも吸いますので、前の人がタバコを吸っていても、それなりに気にしません。
車は案外走ればいいと思っていました。
5年くらいのものは、ほとんど走っていませんので、ぎゅっとエンジンがなじんできた頃だ。
相当快適に走ります。

定年になった時折、新車を自分にプレゼントしようとしている。
一生に1回くらいはいいでしょう。
この場合の車選びですが、何がいいのでしょうかね。

私の友人の何人かがプリウスに変えました。
これは燃費が非常にいいと言っていました。
ただゴルフバッグは3Pしか入らないとかで悩んでいました。
ただし近頃は4人揃って出向くことも短いでしょう。
どうせ2人くらいではないかと思います。
それであればプリウスで可能ね。
後はアクアですね。これが一番燃費がいいと言われていますね。
いまひとつでかい車でなくても可能。
普段はカミさんという2人だ。
乗って婆さんの3人でしょう。

すると軽自動車もすばらしいということになりますね。
近頃の軽自動車は性能もよくなったとか。
友人がなにより燃費がいいのって税金が安く、街の中は乗りやすいといっていました。
駐車が楽だといった。もっとさほど飛ばさないから十分だよと。

この辺が車選びの思案のしどころですね。ミニバン

車のオートマチック

私が18歳で車の免許を取得った時から、AT限定という枠が出来ました。それまでは、マニュアルで免許を取得するしかありませんでした。それぐらい車のオートマチックが普及してきていたのでしょう。車の歴史を振り返ると、どんなに今の車が進化し、オートマチックが進んでいるかがよく分かります。たとえば、エンジンをかける時、キーを回せばエンジンがかかります。ただし昔は、手動でエンジンをかけなければなりませんでした。パワーウィンドウもそうです。昔(今も商用車には見られます)は、ドアに取付けられたハンドルを回して、窓を開閉していました。エアコンも、オートマチックで温度を調整してもらえる。これも、手動で調整することが基本でした。ギアチェンジをする必要なく、アクセルを踏むだけで車がすすむようになりました。さすがに、ついにAT車に乗った時は、しばらく慣れが必要でした。今まで踏んでいたクラッチがないのですから、左足がどうも勝手腹黒い。ほんとに初めての運転の時、ブレーキをかけるら左足で踏んでしまい、急ブレーキのようになりました。ブレーキをかける時折クラッチを踏むクセが体に染み付いていたので、勝手にそういった動きになってしまったのです。たまたま後続車がいなかったこともあり、今となっては笑い話ですが、車の駆動のAT化というのは、さほど画期的で、慣れが必要だったのです。現代の車のオートマチックにはすごいものです。アクセルを踏まなくても、前方に走る車を一定の車間距離を保って走ってもらえる。カーブによって、ハンドルが勝手にはたらく。人が飛び出してきたら、車の前方に物(前方の車)が急接近してきたら、急ブレーキを勝手にかけてもらえる。モータープールに、バックで自動で車庫入れできる。車のオートマチックは、果たしてどこまで出向くのでしょう。やがて自動車は、誰も運転しないタクシーのようになるのではないでしょうか。《車査定》あなたの愛車を数十万円高く売却するポイント

ホンダ フリードに乗って

現在3人家族のファミリーカーとしてホンダのフリードを所有しています。
一昨年に新車で購入しました。
通勤には車は無用けど、悪い子供がいるのでお出かけに便利だろうとしてファミリーカーの購入を決めました。
購入する際に重視したことは、小さい子を乗り降りさせるのが楽であること、私があまり運転に自信がないため大きすぎないこと、かつ維持費などのコストが断じてかからないことを指しました。
そこでコンパクトなミニバンを探し出し、フリードを選びました。

こういう車の良い所は、少ない子供がいても乗り降り楽チンな両側スライドドアですこと、ミニバンタイプであるのにガソリン走行16km/Lである程度燃費が良いこと、1500cc以下である為、自動車税が特に高くないことが挙げられます。パワー不足が気になる所もありますが、1000ccぐらいだと、坂道で下がったりしますが、そんな所もなく運転性も良いです。

ファミリーカーとして購入したので、私の希望をおそらく満たしてくれていて満足なのですが、購入して2年経ちますという何しろ子供も大きくなり、子供もあともうセルフなど考えたりするようになりました。そうなると、やはりコンパクトタイプであるだけに狭さを感じるようになってきました。一先ず7人乗りなんですけど、子供がいるとどうしても荷物が増えますので、もっとおっきい車も検討してみても良かったなと感じ取ることもあります。当初は2、3回くらいは車検においてから次の車の購入を検討していたので、まだまだ先は長いなと映る今日この頃だ。SUVランキング

車に乗っている時に当てはまる景色

車というと、私は乗っているだけで自分では運転したいとしていません。運転も確かに面白いものかもしれませんが、乗っているだけで気分が良くなるものなのです。乗員には申し訳ないですが、私はたえず車に乗る時、乗員への感謝の気持ちも忘れて窓の景色を眺めてしまう。電車も同じですが、過ぎ行く景色を確かめるのってうれしいのです。高速はさすがにあまりおかしいものではありませんが、でも随時言える都会の夜景とか、都心からほんのり外れたところにある田んぼや畑の景色は心がホッといった決める。基本的には街並みを見るのが好きですね。車って特に短くもなく遅くも薄いスピードで町中を走るので、相当快適に景色を眺めることができます。信号で止まった時も人を見晴らしたり他の素晴らしい車を見たりして楽しんでいます。私にとりまして車はこうした景色を楽しむものなのです。運転よりも本当に外の景色。乗り物が物珍しいわけではないですが、いくつになっても窓の外を眺めてはしゃいでいたいのです。さすがに大人になった今では騒いだり人前でテンションを上げたりはせず、考えで自分を盛り上げて要るような感じですね。我が家は父と兄が運転免許を持っています。今後も私は免許を取らず、彼らの運転する車に乗って窓の外の景色を見渡したいとしてある。スポーツカー 人気ランキング

黄色のビートルってオシャレ女子

今日、近くのモールに友人という出かけました。休日はモータープールに入るのも一苦労なモール。今日は、平日の昼間ということもあり、モータープールもガラガラでした。休日は長蛇の列の某カフェも並ぶことなく買うことができ、しかも店内の席も確保することができました。平日のカフェには優雅でゆったりとした時間が流れていました。休日の子供連れの家族でなく、みずから本を読んである若々しい男性、勉強している高校生、楽しげに話している初々しいカップル。そんな中一入オシャレな若々しいな女性がみずからスマホをいじりながら、誰かという待ち合わせをしている様子。少しスタイリッシュな雰囲気でクール印象もありながらも、どっか育ちの良さそうな20代の女性。遅れてやってきた彼らしい男性もメガネの似合う細身のオシャレな男性。その後、私は買い物も済ませモータープールに戻ると、私の車の隣に黄色のビートルが。小さいころ、黄色のビートルを見ると幸せになれる、なんて俗説があり、今日はいい日です、なんて思っていました。ビートルの車内にはさりげなく、一輪の真っ赤なバラ。造花かもしれないけど。オシャレな車ですな、と思っているという、先刻某カフェで見かけたあの中でもオシャレな初々しい女性といった、その彼らしい男性がビートルにかけて歩いて来るではありませんか?彼女がおもむろに運転席に座り、彼らしい男性は助手席へ乗り込みました。「ビートルのオーナーはさすがオシャレ女子だったか。」私は、ついついまったく有頂天になりました。車売るなら