トレンドには逆らえず

言わば最近、角張ったデザインだった車が丸くなってしまうことが増えていますが、これをどうして聞き分けるかは完全に好みの問題でしょうね。日産のエクストレイルも丸くなってしまったと嘆いたファンが多くみられました。同じように、ジープのチェロキーも新型では一心にいえば盛装なデザインになりました。古くからのチェロキーという名前に愛着のある人達にとっては今風のデザインに変わってしまったことに違和感を覚えるのでしょう。まぁ、おんなじ名前の別の車とでも考えておけばいいの思うのですが、そんなふうに簡単ではないのかも。
ジープにはSUVトップにグランドチェロキー、オフロードモデルにはラングラーがあるので、その中間がチェロキーとのこと。最近の調査ではこういうクラスのユーザーは盛装なデザインを好むそうで、世の中の流れには逆らえなかったんですね。まぁ、車が売れないという会社がやっていけませんから、貧弱といえば貧弱のでしょう。
開発目標は究極のオフロード車でありながら、究極のオンロード性能を授けることらしく、普通に考えると相反する性能を両立させようとした結果が新型チェロキーとうことになります。各種試乗レビューを見ているとおおむねその目標は達成できているみたいなので、洗練された外観と効く、多分美しく売り払えるでしょう。輸入車 人気