ヘッドライトを通してしまいました

最近、夜に車に乗ることが少なかったのですが、先日実家に帰たところ帰りが遅くなってしまい、夜に舞い戻ることになったことがありました。
車のエンジンをかけて、ライトを点灯させて親という甘く話をしていると、ポジション球が切れているのを発見しました。
次の休日に、予備の電球はないかなと見なし探したところ、バイクのウインカー用の電球を発見しました。
元々のポジション球は5Wだったのですが、ウインカー用は10Wでした。ちょいかわいいけどいいかと憧れ直ぐに自分で交換しようとしたところ、私の車はバンパーを外さないといったライトの裏側にアクセスできない構造になっていました。
インターネットで外し方を見て、2時間ほどかけて電球を交換することができました。点灯もOKです。やっぱりいくぶん明るい感じでした。
これで安心と思い、普通に何度か乗っていたのですが、ある時ヘッドライトがなにかおかしいことに気付きました。
ポジション球の外側のカバーが熱で溶けておるではありませんか。5Wから10Wに変えたため熱量がのぼりすぎたのでしょう。
到底こんなことになるとは思ってもみませんでした。電球を買いに行く手間を省いたために大仕事になりそうです。
泣く泣くオークションでヘッドライトを探してある。コンパクトカー