車に乗っている時に当てはまる景色

車というと、私は乗っているだけで自分では運転したいとしていません。運転も確かに面白いものかもしれませんが、乗っているだけで気分が良くなるものなのです。乗員には申し訳ないですが、私はたえず車に乗る時、乗員への感謝の気持ちも忘れて窓の景色を眺めてしまう。電車も同じですが、過ぎ行く景色を確かめるのってうれしいのです。高速はさすがにあまりおかしいものではありませんが、でも随時言える都会の夜景とか、都心からほんのり外れたところにある田んぼや畑の景色は心がホッといった決める。基本的には街並みを見るのが好きですね。車って特に短くもなく遅くも薄いスピードで町中を走るので、相当快適に景色を眺めることができます。信号で止まった時も人を見晴らしたり他の素晴らしい車を見たりして楽しんでいます。私にとりまして車はこうした景色を楽しむものなのです。運転よりも本当に外の景色。乗り物が物珍しいわけではないですが、いくつになっても窓の外を眺めてはしゃいでいたいのです。さすがに大人になった今では騒いだり人前でテンションを上げたりはせず、考えで自分を盛り上げて要るような感じですね。我が家は父と兄が運転免許を持っています。今後も私は免許を取らず、彼らの運転する車に乗って窓の外の景色を見渡したいとしてある。スポーツカー 人気ランキング