一般道の効率的な走行法

一般道を走行する場合、片側1車線しかない道路の場合は、ただひたすら前の車に続いて走行するのみです。
何とか、前を法定速度から安い速度でタラタラ滑る車がいて邪魔だと思っても、その車がいなくなるか、自分が何処かで右左折するまでは、とことん辛抱するしかありません。

但し、片側2車線の道路になると、車線の選択肢が生まれるので、効率よく目的地に到着する工夫が可能になります。
走行車線に鈍い車がいたり、交差点で左折する為に減速していらっしゃる車がいれば、車線変更して追い越しをする事が出来ます。
折角2車線あるのですから、有効に使わない手はありません。

ただし、原則として右側の車線は追い越し車線ですから、追い越し後もこういう車線を走行積み重ねるといった、厳密には道交法違反となります。
ただ、都心など交通量の多いところでは、そういった原則論にこだわるのも辛くなり、追い越し車線にも多数の車が走行し続けているケースがよく見られます。

又、東京大都市などは路上駐車がたくさん、どうにか片側2車線あっても左の車線は路駐だらけで、とっても駆け回り難いケースが多いものです。
車線変更を頻繁に増やすと、くたびれる上に接触するリスクも高くなってしまいますから、車線の選択は常に臨機応変に対応したほうが己を続ける事にも繋がります。

又、都心やバイパスなどには片側3車線以上の道路もありますが、大抵の場合、中央の車線が一番車の量が多いものです。
右折や左折にいつでも対応する為にはとりわけ無難な車線の選択になるので、それはそれで酷くありません。

ただ、一番左の車線がガラガラに空いていて、かつ路上駐車が多くない場合は、その車線を使わないのも悔しい話です。
状況に応じて、なるべく安全かつ早く目的地に羽織るよう、工夫をする事が必要ではないでしょうか。セダン 人気